topimage

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラルフ・ふたたび不調に - 2016.03.14 Mon

3月12日から、ほとんど食欲が無くなった。
13日の朝。
酸素ハウス内でラルフの様子がおかしい。

結果、胃液嘔吐。

11日の血液検査で、ヘマト値が66くらいに上がっていたし、イヤな感じだ。
嘔吐しているので薬を飲ませる訳にもいかず、ホームDr.の留守電に残した。

スグに連絡が入り、受診できることに~ありがたい!!

心音は変わらず悪いけど、圧はまぁまぁシッカリしているとの事。
注射にて様子観察することに。

一か月前の様子よりもマシかと思っていたら、14時くらいからラルフの様子がおかしくなった。
酸素ハウス内で嘔吐&下痢。
それをキレイにしている間に、どんどん苦しそうになってきた。

人間でいう下顎呼吸状態。
それでも一か月前よりは舌の色はマシ。

もしかしたら、今夜が山場になってしまうのでは。。。とよぎった位の状態。

ラルフは頑張りました(^o^)/
その後も、脚が冷たくなるので(この病気は下肢の血流が滞ることある)湯たんぽで脚を温め、酸素ハウスで過ごし~
IMG_0496.jpg

『出して』アピール出来る元気が戻り、酸素ハウス外に。
IMG_0498.jpg

21時に、少しでも食べてほしくてご飯を用意したら♪
思いがけず、自力でかなりの量を食べてくれたの(*´▽`*)

その後も夜中に下痢をしたりと、決して安定している状態ではないけれど、少しでも自力で食べてくれていることが嬉しいヽ(^o^)丿
穏やかに過ごせます様に!!!

スポンサーサイト

ラルフ・9歳になりました♪ - 2016.03.05 Sat

3月4日、ラルフは9歳のお誕生日♪
『今』がある事に&ラルフを支えて下さっている全ての方に感謝です!
P3040028.jpg
P3040001.jpg

おそらく、ラルフ自身は辛い時もあると思います。
でも、元気に過ごしてくれる姿が、たまらなく愛しい(*´▽`*)
P3040016.jpg
IMG_0446 [373796]

少しでも安楽に、穏やかに、ゆったりと過ごしてほしい。
私が出来るサポートなんて微々たるもの。
でも、ラルフが幸せであってほしい。
今、私に出来る事を頑張ろう!!!

今日もウッドデッキに出たいけれど、風が冷たいので網戸越しで我慢でした~
IMG_0453 [375064]

ラルフ・少し落ち着きました♪ - 2016.02.20 Sat

IMG_0370.jpg
2月14日には、本当に最後を迎える心の準備をせざるを得なかった。
でも!!!

【15日】
・下痢。
・少~しだけど、食べてくれた。
・夜間、肩で呼吸をする。苦しいのか、あちこちに移動(慣れていない酸素ハウスに入れっぱなしに出来ず、入れたり出したり)
【16日】
・下痢気味。
・水の嘔吐。
・ささみだけ積極的に食べてくれた。
・夜間、肩で呼吸をする様子あり。あちこちに移動(酸素ハウスに入れたり出したり)
【17日】
・心音が少し落ち着いた♪
・昨日よりも少しだけ食べられる量が増えた。
・夜間の呼吸が少し落ち着いた。
【18日】
・良いうんち♪
・分割食にしているのだけど、好きなものは積極的に食べるようになった。
・夜間の呼吸が安定♪
【19日】
・朝、嘔吐した→心臓の為ではない。胃酸を抑える注射。
・お昼過ぎに朝ご飯分を食べさせたら、本気で食べてくれた。
・腎臓サポート(缶)にお肉を混ぜたら、自発的に食べてくれた。
【20日】
・落ち着いているので、今後は様子を見ながらの通院で良いとの事♪♪♪(最長26日の受診でも良いって)

外を眺める余裕も出てきたよ!
IMG_0369.jpg
食欲が少しでも戻ってくれるように、落ちた体重が少しでも戻ってくれるように、サポート頑張るよ~~~

私にとっては目まぐるしい&眠れない一週間。
でも、ラルフが一番辛かったんだよね(/ω\)

よく頑張りました(^o^)/

生命力の強いラルフ♪
一緒に穏やかに&穏やかに過ごしていこうねー☆

ラルフ・病状悪化~酸素ハウスをレンタル - 2016.02.19 Fri

ブログにアップしていない間に、ラルフの心臓は確実に悪化していた。
リバース動脈管開存症で右心室肥大しちゃっているのだけど、2年前に大学病院の循環器専門医に『ここまで心臓が悪くなるまで、この病気で生きていた子はいません』と言われてから約2年。

2015年秋から、何故か70近かったヘマト値が60まで徐々に下がった。
考えられることは、左心室も肥大して、バランスが取れるようになっちゃった可能性←ラルフの負担を考えて、細かい検査はしていません。

冬になり、少しづつ呼吸の悪化&舌のチアノーゼが気になるようになってきた。

そして、2月12日金曜日に、食欲不振に。
定期健診だったのだけど、心音に心配あり。

2月13日土曜日には、嘔吐&下痢。
2月14日日曜日には、血尿(に見えたくらい濃尿)&血液の粘液便。
この時の状況としては『入院して点滴する』または『在宅で静かに過ごす』ことで、最後を看取る覚悟を。。。

R-PDAの診断を受けた8年前から、最後は絶対に在宅と決めていた。
そして、必要となったらお願いしようと決めていた酸素ハウス。
8年前には群馬県内には事務所が無かったけれど、群馬県内の事務所をホームドクターに紹介してもらい電話してみたら~

日曜日の午前10時前に電話したにもかかわらず、14時前には来てくれました!
IMG_034022.jpg

酸素ボンベなどは使わないので、素人にも使いやすい♪

最初は警戒していたけど、酸素ハウス内は苦しくない様子で、寝ていることが多くなりました~
ちなみに、一日中酸素ハウス内に入れているのでなく、臨機応変に対応しています!


ルーク&ラルフは元気に過ごしています(^o^)/ - 2015.12.20 Sun

PA200009.jpg
2015年が終わろうとしていますね~
ルーク&ラルフは元気に過ごしています(^o^)/

13歳になったルークは~~~
相変わらず、尿からはタンパクダダ漏れにも関わらず、投薬無しでアルブミン値も2.3位を保っている。
おかげで、膜性腎症に関しては、3か月に一回程度の検査で過ごせている。

『会陰ヘルニア』って、直腸を支える筋肉が低下した為に、う○ちを排出しずらくなって、気張っちゃったから肛門が少し出っ張っちゃちゃったけど、今はお薬を肛門に塗るだけで落ち着いている。
白内障はゆっくり進行しているけど、日常生活には支障なし。

ルーク自身は全く支障を感じていない様子で、お散歩を楽しんでます(*^。^*)
冷え込んだ朝のお散歩は、う○ちしたら、即Uターンして家を目指して走って帰っちゃうけど(笑)

8歳のラルフは~~~
夏に嗜好がいろいろ変化して、食べてくれるフード(今は心臓or腎臓サポートを食べている)と食べてくれないフードが入れ替わり、
一日トータルでカロリーを摂取できるように工夫した。
それも、今は自発的な食欲に任せるだけで大丈夫になりました!

秋からミラクルが♪
今まで70近かったヘマトグリット値が、ゆっくりと下がってきたの!!!
いったん56.3まで下がったので、順を追って減薬に。
初期の一日おきのハイドレアになって、少しヘマトは上がったけど、60前後で安定中(*^^*)

心臓のエコーなど、詳細がわかる検査はしていないので(負担をかけたくないの)想像だけになっちゃうけど、バランスが取れるほど左心室も悪化しているのかもしれない。
しかし、今、目の前のラルフは重度の心臓病を抱えながらも、外に行きたくて(ウッドデッキのみがほとんどですが)ルークに遊んでほしくて(100%振られていますが)元気に過ごしています(*´▽`*)

愛犬が『膜性腎症』と『R-PDA』と診断されて、悩んでいる飼い主さん~
闘病方法がたまたま合えば、ルーク&ラルフの様に病気と付き合いながら元気に過ごせます!
同じように闘病しても、個体差によって反応は様々かと思います。
でも、諦めずに、お互いサポート頑張りましょうね~

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:rin
パピヨン☆ルーク&パピヨン☆ラルフとrinがのほほんと過ごす日々の話です~

茶白のルーク♂は13歳。
タンパク漏出性腎症(膜性腎症)の闘病生活中。
食べることが大好き♪

トライのラルフ♂は8歳。
生まれつきの心臓病(リバース動脈管開存症)を抱えているけれど、病気に負けずに元気に遊んでいる。
おもちゃとルークが大好き♪

ルーク&ラルフの応援をヨロシクお願いしますー☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ワンコ (45)
ルーク☆ (44)
ラルフ☆ (67)
ひとりごと (27)
山歩き (16)
ウクレレ (3)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ 人気ブログランキングへ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。